読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Riche Amateur

「文学は、他の芸術と同様、人生がそれだけでは十分でないことの告白である」 ――フェルナンド・ペソア         

村に火をつけ、白痴になれ

じつは先日より、久しぶりに日本にいる。出張での帰国というか、いつもどおり仕事の予定が多いので、会いたいひとたちにもろくに連絡をしていない滞在なのだが(みんなごめん)、仕事には都内の実家から電車に乗ってあらゆる場所へ行くため、移動時間が長く…

来たるべき蜂起

おそらく今年最もショッキングな出版物の一つに数えられるであろう、彩流社の先月の新刊。『不純なる教養』に紹介されていたことから手に取った。 来たるべき蜂起 作者: 不可視委員会,『来たるべき蜂起』翻訳委員会 出版社/メーカー: 彩流社 発売日: 2010/05…

不純なる教養

大学生の頃、僕にとって重要だったのは授業に出席することではなく、喫煙所において彼の話を聞くことだった。そんな僕の人生を徹底的に狂わせた男、白石嘉治氏による初めての単著。 不純なる教養 作者: 白石嘉治 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2010/04/23…

原子力都市

『無産大衆神髄』と『愛と暴力の現代思想』で知られる在野の思想家、矢部史郎の最新刊。 原子力都市 作者: 矢部史郎 出版社/メーカー: 以文社 発売日: 2010/03/12 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 22回 この商品を含むブログ (12件) を見る 矢部史郎『…

寝ながら学べる構造主義

ちょっと前に挙げた内田樹の構造主義入門書。 「構造主義」というイデオロギーを理解している人がどれだけいるでしょうか? 僕は口が裂けても「理解している」なんて言えないので、人に聞かれたらこの本を薦めています。 寝ながら学べる構造主義 (文春新書) …

愛と暴力の現代思想

『無産大衆神髄』の時に少し触れた、矢部史郎・山の手緑の新刊。ようやく読み終わりました。 愛と暴力の現代思想 作者: 矢部史郎,山の手緑 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2006/04 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 54回 この商品を含むブログ (31件)…

無産大衆神髄

記念すべき第二弾は矢部史郎・山の手緑のゴールデンコンビが贈る『無産大衆神髄』。 無産大衆神髄 作者: 矢部史郎,山の手緑 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2001/01 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 42回 この商品を含むブログ (13件) を見る …

ネオリベ現代生活批判序説

強く売れて欲しいと願っている一冊。 ネオリベ現代生活批判序説 作者: 白石嘉治,大野英士 出版社/メーカー: 新評論 発売日: 2005/10 メディア: 単行本 クリック: 31回 この商品を含むブログ (29件) を見る 白石嘉治・大野英士編『ネオリベ現代生活批判序説』…