読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Riche Amateur

「文学は、他の芸術と同様、人生がそれだけでは十分でないことの告白である」 ――フェルナンド・ペソア         

百年の孤独

ラテンアメリカの文学を世に知らしめ魔術的リアリズムの時代を開くこととなった、現代の世界文学を牽引する記念碑的作品。新潮社の発行している雑誌『考える人』の2008年春号で「海外の長篇小説ベスト100」の頂点に輝いたことも記憶に新しい。 百年の孤独 (O…

エレンディラ

ラテンアメリカ体験第二弾。ガルシア=マルケスが『百年の孤独』と『族長の秋』の間に描いた、あまりにも南米らしい魔術的短編集。 エレンディラ (ちくま文庫) 作者: ガブリエルガルシア=マルケス,鼓直,木村栄一 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1988/12/…

戒厳令下チリ潜入記

久々です。 更新していない間にめちゃめちゃな量の本を読んだ気がするので、機を見て紹介していきます。 戒厳令下チリ潜入記―ある映画監督の冒険 (岩波新書 黄版 359) 作者: G.ガルシア・マルケス,後藤政子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1986/12/19 メ…