読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Riche Amateur

「文学は、他の芸術と同様、人生がそれだけでは十分でないことの告白である」 ――フェルナンド・ペソア         

Slapstick

配架-イギリス文学 評価-★★★☆☆(満足) いわゆる-海外の詩 言語-英語の本

 すこし前の『It Never Rains』が大変楽しかったので、もっと読みたいと思って手にとったRoger McGoughの詩集。こちらはPenguinグループのなかでも子ども向けのPuffinから刊行されているもので、ほとんどすべての詩が挿絵付きと、大変贅沢な本である。

Slapstick

Slapstick

 

Roger McGough, Slapstick, Puffin, 2008.


 裏表紙にこんなことが書いてあったので、忘れずに引用しておこう。翻訳はできないけれど。

―――――――――――――――――――――
If philosophy
is the WHY?

And science
is the HOW?

Then poetry
is the WOW!
―――――――――――――――――――――

 テンション高い! これはキャッチコピーのお手本となるべき、買わずにはいられなくなるようなすばらしい惹句である。今日はちょうどクリスマスなので、せっかくなので最初にクリスマスの詩を引用しよう。

―――――――――――――――――――――
Mummy Won't Be Home For Christmas

Mummy won't be home for Christmas
Hear the distant church bells ring
Peace on earth, goodwill to men
To us kids don't mean a thing

Mummy went away in October
Daddy says she won't be back
Snow is falling thick all over
Christmas sure is looking black

Mummy's living in Southampton
Daddy says she's happier there
But I don't think she'd desert us
If she knew how much we care

We've put up the decorations
We've hung tinsel everywhere
But the tree looks kinda lonely
Seems to know that she's not there

Santa brought us extra presents
Daddy must have told him so
But they lie there still unopened
Us kids don't want to know

The cake was bought on eBay
There are Morrisons mince pies
But it's not like her home cooking
There are tears in Daddy's eyes

Now it's time for Christmas Dinner
And Daddy says, just in case
Before we say thanksgiving
We'll set Mummy's usual place

Into the silence of our eating came a footstep on the stair
Daddy took off his paper hat and mouthed a silent prayer
The door was slowly opened, the moonlight in her hair
Like a vision, pure and lovely, Mummy was standing there

Mummy's come home for Christmas
Everything has turned our right
Mummy's come home for Christmas
Now our Christmas will be white

Mummy's come home for Christmas
And she says she's gonna stay
Now we all agree with Daddy
It's our happiest Christmas Day.

クリスマスにママはいない

クリスマスにママはいない
遠くの教会の鐘の音
地上の平和、人びとの善意
ぼくら子どもにとってはなんの意味もない

ママは10月に出ていった
もう戻ってこないとパパは言う
雪はあたりに厚く降り積もり
クリスマスは真っ黒に見えるだろう

ママはサウサンプトンに住んでいる
そこで幸せなのだとパパは言う
でもぼくらの苦悩を知っていたら
ママはぼくらを置いて行ったりしなかったろう

ぼくらは家中を飾りたて
そこいらじゅうに金糸をぶらさげた
だけどツリーはどこか淋しげ
ママがいないことを知っているかのよう

サンタはいつもより多くプレゼントを持ってきた
パパがそうお願いしたにちがいない
それも未開封のまま置き捨てられている
中身がなんなのか知りたくもない

ケーキは楽天のやつで
モリソンのミンス・パイもある
でもママの手料理には比べるべくもない
パパの瞳には涙が浮かんでいる

さあ、クリスマス・ディナーの時間になった
パパが言う、万が一に備えて
感謝のお祈りをするまえに
いつもどおりママの場所を用意しておこう

食卓の静寂に階段から足音が届いた
パパは紙の帽子をとり、その口は無言のまま祈りを唱える
ドアがゆっくりと開く、月光が髪を照らしている
まるで幻、あの美しくすばらしい、ママがそこに立っている

クリスマスにママがいる
途端にすべてがあるべき姿に
クリスマスにママがいる
いまやクリスマスは真っ白に見える

クリスマスにママがいる
もう出ていったりしないとママが言う
パパの言葉にみんな頷く
そう、こんなに幸せなクリスマスはない。

(pp.33-35)
―――――――――――――――――――――

 ちなみに訳文のうち、「楽天」としたところは原文では「eBay」である。Amazonみたいなネット通販の最大手で世界的に知られているサイトだが、日本はいつだって事情が特殊なので知名度がわからず、楽天に置き換えてみた。ほら、ケーキあるし。

―――――――――――――――――――――
Meals on Leaves

Cameleons
who are colour-blind
are hopeless
at camouflage

Red and green
they look the same
so by and large
they're easy game.

葉上の食事

色盲
カメレオンは
擬態において
見込みなし

赤も緑も
同じに見える
はっきり言って
絶好のカモ

(p.2)
―――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――
Dumb Giraffe

The fact
that a
giraffe
never
gives
voice,
is it
through
choice?
Or is it
because
whenever
it decides
to speak,
by the time
the air
expelled
from the
lungs has
travelled
the length
of the neck
into the
throat
and on to
the tip
of the tongue
the giraffe
has clean
forgotten
what it was
going to say?

寡黙なキリン

キリンが
ぜんぜん
声を
出さない
という
事実は
彼らの
選択に
よるもの?
それとも
彼らが
話を
しようと
するとき、
肺から
吐き
出される
息が
長い
首を
伝わって
喉に
届き
舌先に
乗り
そのとき
までに
キリンが
何を言おうと
していたのか
忘れてしまう
から?

(pp.8-9)
―――――――――――――――――――――

 さきほど「挿絵が盛りだくさん」と書いたが、この本に関してそれらは挿絵の域を超えていて、たとえば「Dumb Giraffe(寡黙なキリン)」がやけに縦長な理由は、これがキリンの首に書かれた詩だからである。動物がやけに多く出てくるのも楽しい。

―――――――――――――――――――――
The Tofu-Eating Tiger

If a tiger invites you round for tea
and offers you tofu,
you can take it from me
he's only pretending.

It's merely a ploy
to fool an innocent girl or boy
into thinking he's sweet.
A vegetarian tiger who doesn't eat meat.

Rubbish! Just look at those jaws.
Were they designed for chewing rice?
And those claws. For peeling bananas?
Take my advice:

Stay calm. Be polite.
Eat up your tofu and ask for more.
When the feline is in the kitchen
make a beeline for the door.

豆腐を食べるトラ

もしトラがお茶でもどうですかと声をかけてき
そして豆腐はいかがと薦めるのなら、
賭けてもいいけど
そいつは猫をかぶっている

これは純粋な少年少女を騙し
きっとこいつはいいやつで
肉を食べない草食主義者のトラなんだ、と
思わせようという策略にすぎない

冗談じゃない! あの顎を見てみろ
お米をもぐもぐするためだとでも?
そしてあの爪。バナナを剝くため?
わたしの忠告に従いたまえ。

まずは落ち着く。礼儀正しくする。
豆腐を平らげ、もっと欲しいとせがむ。
猫科のあいつがキッチンに消えたら
ドアに向かってまっしぐら。

(p.11)
―――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――
Rabbit Pie

From your local butcher buy a large pork pie.
Take it home and carefully remove the crust.
Scrape out all the meat and either throw away
or give to your pet cat/dog/hyena/tiger,
then fill with carrots and lettuce leaves.
Replace the lid and serve immediately.
Rambo, my pet rabbit, loves this this pie and I'm sure yours will too.

ウサギパイ

地元の肉屋で大きなポーク・パイを買う。
家でそいつの外皮を注意深く取り去る。
なかの肉を掻き出し、捨てるか、
ペットの猫、犬、ハイエナ、トラにくれてやり、
パイにはニンジンとレタスの葉を詰める。
元通りに蓋をして、すぐに食卓へ。
うちのウサギ、ランボーちゃんは、このパイが大好物。きみのウサギも好きなはず。

(p.93)
―――――――――――――――――――――

 詩や言葉をテーマに書かれたものも多くあり、悪ふざけ感の強いものもまじめな意見に見えるものも、どちらも楽しい。こちらはまじめなほう。

―――――――――――――――――――――
Words

Like birds
who dream of eggs
before laying them

Words
I try to weigh
before saying them.

言葉

産むまえに
卵を夢見る
鳥のように

言うまえに
わたしはその言葉の
重さを量る。

(p.41)
―――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――
Play-Acting

The curtain is rising
Light fills the page

Writing is acting
Without going onstage.

役者稼業

幕が上がり
照明がページを照らす

書くことは演じること
舞台に上がることはなく。

(p.42)
―――――――――――――――――――――

 そして悪ふざけ。Roger McGoughがとくに輝くのは、もちろん悪ふざけしているときである。

―――――――――――――――――――――
What's Up, Poem

Why is it
that as soon
as a poem
starts to get
interesting

it stops?

どうした、詩

いったい
なんだって
詩ってやつは
おもしろくなりはじめた
途端に

終わるのだろう?

(p.39)
―――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――
Bad Jokes

What becomes of jokes that nobody laughs at?

Do they curl up in embarrassment
and wish they'd never been born?
Wish they could bite the tongue
off the one who'd made them?

Do they dread ending up
inside Christmas crackers
or in politicians' speeches?

Like a bellyflop out of water
a joke that nobody laughs at
is a non-slip banana skin.
A custard pie left out in the rain.
An Englishman, an Irishman and a Scotsman
helping a chicken across the road.

Or...

Do jokes that nobody laughs at
feel superior? Think the joke is on us
and giggle quietly among themselves?

まずい冗談

だれも笑わない冗談はどうなってしまうのだろう?

恥ずかしさのあまりちぢこまって
生まれてきたことを後悔する?
自分を生み出したやつの
舌を噛み切ってやりたいと願う?

クリスマスのクラッカーや
政治家のスピーチに混ざることを
恐れるだろうか?

だれも笑わない冗談は
水のないところの腹打ち飛び込み
ぜんぜん滑らないバナナの皮。
雨のなか取り残されたカスタードパイ。
ひよこが道を渡るのを助ける
イギリス人、アイルランド人、スコットランド人。

もしくは……

だれも笑わない冗談は
優越感を抱くだろうか? 自分だけの
秘かな楽しみとして、静かにくすくす笑うだろうか?

(pp.54-55)
―――――――――――――――――――――

 一発ギャグめいたものはいくつもあり、これほど気楽にページを繰れる本もなかなかない。「Safety Precaution(安全対策)」を読むと、『It Never Rains』の「Fame(名声)」が思い出される。

―――――――――――――――――――――
Loud Andy

My friend Andy is a musician.
When not strumming his guitar
or thumping away on the piano
he listens to his CDs, or XFM
played at full volume.

No wonder he has a loud voice.
Even when the two of us
are sitting in a quiet room he shouts
as if competing to be heard
above an imaginary rock band.

Whenever I say
'Andy there's no need to shout,'
he shouts, 'SHOUTING? WHO'S SHOUTING?'

大声アンディ

友人のアンディはミュージシャン。
ギターをかき鳴らしていないときや
ピアノを打ち鳴らしていないときには
自分のCDやラジオのロック番組を
最大音量で聴いている。

どうりで声が大きくなるわけだ。
ふたりっきりで静かな部屋に
座っていても彼は叫ぶ
まるで想像上のロックバンドに
声をかき消されまいと努めているかのよう。

「アンディ、叫ばなくてもいいんだよ」
とぼくが言うと、いつでも、
彼は叫ぶ。「叫ぶって? いったいだれが叫んでるのさ?」

(p.50)
―――――――――――――――――――――

―――――――――――――――――――――
Safety Precaution

You bump into a lamp post on the pavement
Your nose it dutifully bleeds

Airbags to wear while out walking
Is what every pedestrian needs.

安全対策

あなたは歩道の街灯にぶつかり
鼻がきっちり血まみれに

外出の際にエアバッグを装着するのは
すべての歩行者が必要としていること。

(p.73)
―――――――――――――――――――――

 表題作の「Slapstick(どたばた喜劇)」は以下。これはちょっと訳すのに骨が折れた。

―――――――――――――――――――――
Slapstick

'I'll wipe that smile off your face,'
snarled the teacher, and reaching
into his desk pulled out the wiper.

He dipped the dirty green sponge
into a bucket of disinfectant
and vigorously scrubbed it off.

'Now go back to your place
and I never want to see it again.
Do I make myself clear?'

'Yes, sir.' As I sat down,
the giant wasp I had in mind
flew into the classroom

and stung him on both lips.
He yelped and, stamping
around blindly, put one foot

into the bucket and the other
on top of the smile-wiper
which shot across the soapy floor
taking a startled leg with it.

The whole class cheered
when his trousers split
and burst out laughing

when he toppled backwards
over the desk
like a windmill in a hurricane.

But I just smiled.

どたばた喜劇

「きさまの笑みを顔から拭い去ってやる」
先生はがみがみ言うと、机に近づき
拭くものを取り出した。

その薄汚れた緑のスポンジを
消毒剤のバケツに漬け込み、
てきぱきゴシゴシと洗い落とした。

「よし、自分の場所に戻れ。
もう二度とあんなものは見たくない。
わかったか?」

「イエッサー」ぼくは腰かけると、
思い描いた通りの巨大なハチが
ちょうど教室に舞い込んできて、

先生の両唇を刺した。
彼は悲鳴をあげ、ドタドタ歩き、
そしてとうとう片足を

バケツに突っ込み、そしてもう片足を
笑み拭いのうえに置くと、
そいつはおののく足を連れたまま
スベスベの床を滑っていった。

先生のズボンが裂けたときには
教室中が大喜び
笑いを爆発させた

机の向こうがわ
先生は後ろ向きに倒れた
竜巻のなかの風車みたいに。

でもぼくはにこにこしただけ。

(pp.58-59)
―――――――――――――――――――――

 また、巻末には「Recipes from the Crazy Cafe」という心底ふざけたレシピ集が集められており、じつは上の「Rabbit Pie(ウサギパイ)」もここに収められた一篇だ。

―――――――――――――――――――――
Lemon Snow

As soon as it starts to snow, cut your lemons in half,
rush outside and arrange them, cut-side up, on the patio
or along a wall. Next morning, gather them in,
sprinkle with sugar and pop them into the freezer.
Forget all about them until summer comes
and the sun is belting down. Remove from freezer
and enjoy the tangy, refreshing taste of winter.

雪レモン

雪が降りはじめたら、すぐさまレモンを半分に切り、
大急ぎで外に出て、中庭か壁沿いに、
断面をうえにして置いておく。翌朝、回収して、
砂糖を振りかけてから冷凍庫にぶちこむ。
それから夏がきて、太陽が駆け足になるまでは
忘れてしまおう。冷凍庫から取り出し、
すっぱくて爽快な冬の味をお楽しみあれ。

(p.94)
―――――――――――――――――――――

 一番最後のページには、以下のどう考えても俳句には訳しようがない詩があった。ていうか季語ないし。でも言わんとすることはわかる。英語の「Haiku」は日本語の「俳句」とはどこまでも別物である。

―――――――――――――――――――――
Wistful Haiku

my biggest regret
is that my books weren't around
when I was at school

哀愁の俳句

わたしの最大の後悔は
小さいころ
わたしの本がそばになかったこと

(p.98)
―――――――――――――――――――――

 まだ二冊目のRoger McGoughだが、平易な英語ですんなり楽しませてくれるので、大変気に入っている。このひとはいつもテンションが高い。またほかにも手にとってみたい。

Slapstick

Slapstick